責任投資原則

マニュライフ・アセット・マネジメント・グループでは、ESG (環境・社会・ガバナンス) の側面を適切に考慮することは、投資先企業の中長期的成長を促し、中長期的な投資リターンの改善につながると考えています。

運用会社としての受託者責任に則り、責任ある投資を実行し、お客様にとっての中長期的な投資リターンを向上することをめざします。

ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みおよび議決権行使指図の基本方針等については、下記をご覧ください。

なお、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションはクラスター爆弾製造企業への対応方針を定めており、マニュライフ・アセット・マネジメント・グループも当方針に従い業務を行っております。

マニュライフ・アセット・マネジメント・グループは、国連責任投資原則(PRI) に署名しています。また、マニュライフ・アセット・マネジメント株式会社は、「責任ある機関投資家」の諸原則である日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明しています。

また、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーションは、 環境への取り組みを経営の重要課題の一つと位置づけています。 詳細については、マニュライフ・ファイナンシャルのウェブサイト (こちら) をご覧ください。